日だまり歯科クリニック(東京都 練馬区 桜台)

噛み合わせ治療とは?(顎関節症・不定愁訴の方に)ゴールデンバランス治療についてご説明します。

オンライン予約 ◎ クリニックについて ◎ よくあるご質問

日だまり歯科クリニック(不定愁訴治療・ホワイトニング・咬み合わせ治療)

こんな患者さん・症状の方におすすめします

すべての方が受診対象となりますが、永年にわたる歯やお口の中、健康面のトラブルでお悩みの方にはとくにお薦めの治療法です。

  • お口の中のトラブル

    顎関節症、矯正治療後の体調不良や後戻り、虫歯、歯周病、何年かおきの以前の治療のやり直し、知覚過敏、何度調整しても噛めない入れ歯、これ以上歯を失いたくない人、など・・・

  • お口の中のトラブルが引き起す

    不定愁訴、頭痛、偏頭痛、肩こり、口呼吸、いびき、無呼吸症候群、原因不明の手足の痺れ、アレルギー、リウマチ、躁鬱、など・・・

どうして「理想的な噛み合わせ」が必要なのか?

日常、無意識のうちに使っているあごの動きに問題があるかをご自身が認識することは難しく10人中7人は該当するといってよいでしょう。

しかし無意識のうちの無理なあごの動きは、次第に体のバランスを崩して以外なかたちで病気となって体に現れます。

ゴールデンバランスの獲得へ

そもそも歯は顎の骨に埋まっていて自発的に動くことはできません。

「噛むという運動」は上下の歯が当たることをいいますが、上下の歯が動いているのではなく、あごが動くことによってあごに埋まっている上下の歯が当たって噛むことができるのです。

顎の動き

あごには「上あご」と「下あご」がありますが「上あご」には関節が存在ぜす、上あごの骨は頭の骨と繋がっているため動けません。
噛み合わせとはお口を開いてから閉じるまでの下あごの運動路、つまり下あごの動きのことを指します。

上下の歯の位置は3次元的(上下、左右、前後)に高さが合っていないとあごのズレの原因となります。

歯のトラブルや歯を失った原因が解消されていないで詰めたり被せてもまた次のトラブルの伏線に必ずなります。
ご高齢になられれば歯はすり減りますが、直したところに不具合がでて何年かしてまた直して・・・、年齢と共に歯が失われる「年齢=抜歯、入れ歯、インプラント」という図式(認識)は間違っています。

病気になった原因を考えて治療することが大切であり、そのためにはその方に応じた「下あご」の適正な位置を探して、そこで噛めるようにする必要があります。
(あごの位置=上下の歯の噛んでいる位置=ゴールデンバランス)

ゴールデンバランス(噛合わせ治療)の治療例

治療前

治療前の、患者様の習慣による噛み合わせの位置。(赤い線の位置で噛んでいる)

ゴールデンバランス

ゴールデンバランスによる(この患者様にとって)理想的な顎の位置。

この患者様の場合、奥歯が噛んでいないのでセラミックレイなどを用いた被せものをしたり、もしくは矯正治療などを検討する必要があります。


ゴールデンバランス(理想的な噛み合わせ)が確立するとお口の中のトラブルや不定愁訴は改善の方向に向かいます。

ゴールデンバランス(噛み合わせ治療)3つのポイント

日だまり歯科クリニックの噛合わせ治療【3つのポイント】

虫歯以外の理由で、歯を削る事無く症状の改善を図ります。

噛み合わせ治療で通常行われている「ある上あごに対しての下あごの位置を決める方法」とは異なり、ゴールデンバランスでは「歯・咀嚼筋・顎関節・第1第2頸椎の四位一体が図れるご本人本来の下あごの位置を獲得する」治療を施し、その方の来院理由を確実に解消していきます。

これまでマウスピースやスプリント治療をして効果がなかったり、トウラマになった方でも劇的な効果を実感して頂けます。

  • 口腔内写真・レントゲン検査(頭とあごの写真)
  • 姿勢分析
  • 歯型、口唇圧測定
  • 咬合力検査
  • 筋触診
  • 顎関節および下あごの運動路検査
  • 日常の噛み合わせの採得

「無意識を意識下へ」意識改革

日中の噛みしめや就寝時の歯ぎしり、口呼吸、いびきに代表されるように1日24時間のうちの約2/3以上の身体の動きは無意識によるものといえます。

この無意識が身体やあごに問題がなければいいですが、問題がある何らかの不快症状がおこるかと身体の違うところが代償を払うことになります。

たとえば、右の歯がいたければ左で噛むとか、右手が痛ければ左手を多く使用するとか・・・無意識のうちのそのような対応をしますがそれが長い期間続くと頼りの方も痛めるか、他の部分に症状が出ます。

また、血行不良がおこり、様々な症状に悩まされる事になります(症状のでる場所や程度、潜伏期間には個人差はあります。)

よってこの無意識を少しでも意識化下におくことがゴールデンバランスを獲得することの近道になるのです。

それには検査の結果が重要になります。無意識であるご自分を噛み方、身体のクセを把握することからすべてが始まります。


  • OMFT(筋肉機能トレーニング)
  • 呼吸法の練習
  • 頚部ストレッチ
  • リラックスを得るための食事および生活指導
  • 低周波による筋の緊張改善舌の位置を理想の位置に誘導
  • 歯、顎関節、咀嚼筋、第一第二頸椎の四位一体からなる下あごの位置、ゴールデンバランス(ニュートラルポジション)の採得
  • ゴールデンバランスでのオーソシス製作(マウスピース用の矯正装置)およびミクロンの噛み合わせ調整
  • 術後検査

治療法は患者さんの症状によって異なるため、その方がリラックスして早期に効果がでるように計画していきます。

方針には個人差ありますが、検査の内容はプリントアウトして差し上げていますのでご自分のお身体の変化を体験しながらその効果を、記録に残すことができます。

治療期間は個人差がありますが1週間1回〜2週間に1回の治療で検査期間を考え全部で6ヶ月〜9ヶ月とお話しています。
(個人差はあります)

前半は検査や治療の流れに慣れて頂く関係上、来院回数が多い方のほうが治療の進行は早くなることが多いです。


治療終了後は4つの方法から長期安定を目指します

  1. オーソシス(矯正装置)を使用しないでも同じ快適な生活が送れるようにリハビリ指導をします。
    後戻りの心配がなくなった時点でオーソシスをはずして頂きます。
  2. すでに被せてある歯を外してをゴールデンバランスでの新たな被せもの歯を製作しセットします。
  3. ご要望の方は歯列矯正治療を行い、ゴールデンバランス=四位一体=ご自分の歯を目指します。
  4. もともと無垢の歯が多い、もしくは歯列矯正治療を希望しない場合、メタルレイやセラミックレイを(必要最低限の歯の削除で)ご自分の歯の上に義歯を乗せることによってゴールデンバランスを獲得します。

これにより治療ために無意識を意識下においた下あごの運動路、動きを「意識下から無意識へ」に戻してご自分生活から不定愁訴を取り除き快適な睡眠と集中力の高い日中の獲得を目指します。

お問い合わせ・オンライン予約
  • クリニック概要

  • 日だまり歯科クリニックについて
  • 診療科目

    歯科・小児歯科・矯正歯科・口腔外科

  • 診療時間

    平日
    午前の診療 10:00 〜13:30
        (最終受付 12:30)
    午後の診療 15:30 〜 20:00
        (最終受付 19:00)

    土曜
    午前の診療 9:30 〜 13:30
        (最終受付 12:30)
    午後の診療 15:00 〜17:30
        (最終受付 16:30)

  • 休診日

    火曜・日曜・祝祭日
    ※祝祭日のある火曜日は診療致します

  • TEL

    03-3994-4182

  • 所 在

    東京都 練馬区 桜台 4-12-20
    永田ビル 1F

  • クリニックへのアクセス

    アクセスマップ

    西武池袋線 桜台駅から徒歩4分
    (池袋駅から桜台駅までの乗車時間:約10分)

  • クリニックからのお知らせ

  • ホームページをリニューアルしました。これからも『日だまり歯科クリニック』をよろしくお願い致します。 ...2010/04/29

  • =常勤スタッフ募集のお知らせ=

    日だまり歯科クリニックでは歯科衛生士、歯科助手を募集しています。
    詳細はエントリーフォームより。 ...2010/01/30